北海道大学大学院教育学研究院生活健康学研究室のホームページへようこそ

 2016年4月に生活健康学研究室 (PI:山仲勇二郎准教授) を立ち上げました。

 当研究室では、生活の基本となる運動、食事(栄養)、睡眠(休養)の相互作用および統合的な効果について、時間生物学、睡眠科学、生理学を基盤に、様々な環境要因や生活習慣が心身の健康に与える影響について行動から分子機構まで幅広い視点で研究しています。
 時間生物学や生体リズムについて理解を深めたい方、行動科学的・生理学的な手法を用いて幅広い視点で健康について研究してみたい方、やる気のある方を歓迎します。随時、説明・見学を受け付けていますので山仲宛に遠慮なく連絡をください。また、共同研究のお申し込みについてもお気軽にご連絡ください。

Email : y-yu2ro[@]edu.hokudai.ac.jp  [@]を@に変えてください

COVID-19 情報 [ click here ]
国内外における新型コロナウイルスの新規感染者数が増加傾向にあり、医療提供体制が非常に逼迫した状況にあります。引き続き、感染予防対策の徹底をお願い致します。
ワクチン接種に関して、副反応の大きさと産生される抗体価について「副反応が大きいほどたくさん抗体が産生される」という誤った情報を耳にすることがありますが、「ワクチン接種後の副反応の大きさと産生される抗体価との間に相関関係はありません」

sangaku.gif

今後の活動予

2021年11月10日 令和3年度恵庭市こころの健康づくり講演会 (講演, 恵庭市) 

2021年11月20-21日 日本時間生物学会第28回学術大会(プログラム委員, 沖縄) [ web

近況報告​

 

2021年9月2日

Yumenavi 夢ナビに当研究室の紹介記事が掲載されました

早寝早起きが健康とは限らない生物時計の仕組み [ web

 

2021年8月25日

繊維製品消費科学会誌「繊維製品消費科学」に寄稿した総説が公開されました

山仲勇二郎. 第61回快適性・健康を考えるシンポジウム講演より. 生物時計の基本性質と心身の健康との関わり. 繊維製品消費科学会誌「繊維製品消費科学」. 2021年8月号 [ web ]

2021年8月18日

北海道大学全学教育科目に係る授業アンケートにおけるエクセレント・ティーチャーズに選出されました [ web ] [ 選出科目概要 ]

2021年8月15日

The18th Sapporo Symposium of Biological Rhythms 2021 に参加し、司会を担当しました

2021年8月4日

よつ葉乳業株式会社との共同研究がEuropean Journal of Clinical Nutritionに掲載されました

Noriko Matsuura, Hidemasa Motoshima, Kenji Uchida, Yujiro Yamanaka.

Effects of Lactococcus lactis subsp. cremoris YRC3780 daily intake on the HPA axis response to acute psychological stress in healthy Japanese men. European Journal of Clinical Nutrition. DOI. 10.1038/s41430-021-00978-3 [ web ]

Matsuura et al. European Journal of Clinical Nutritionに関するプレスリリース [ web ]

乳酸菌YRC3780株の摂取が心理的なストレスに対する生理的ストレス応答を改善する効果があることを発見~メンタルヘルスの改善,メンタルヘルスの不調に起因する疾患を予防する食品の開発に期待~

2021年7月20日

睡眠健康推進機構 R3年度学校訪問型睡眠講座の講師として札幌市立稲陵中学校で睡眠に関する講義を行いました

2021年7月18

日本睡眠教育機構 第68回「睡眠健康指導士初級講座」にて講師を担当しました

松浦倫子 「睡眠健康のポイントⅠ 睡眠障害対処12の指針」

山仲勇二郎 「特別講義 体内時計を元気にする」

2021年7月16

5th Asian Forum on Chronobiology (2021 AFC) にてシンポジウム講演を行いました

Yujiro Yamanaka. What is the crucial role of physical exercise for phase adjustment of circadian rhythms in humans?

2021年5月3

4月30日の北海道新聞朝刊に「子どもの睡眠」に関する解説記事『良い睡眠へ まず早起き 朝食よくかみ運動しっかり』が掲載されました [ 報道 ]

こちらの記事に関しまして、北海道新聞社が運営する北海道の子育て世帯向けのウェブメディア mamatalk からも閲覧可能です [ web ]

2021年4月29日

メンタルケア協会メンタルケアスペシャリスト養成講座において「こころの健康に深く関わる睡眠・生体リズムの仕組み」というタイトルで講義を担当しました 

2021年4月26

株式会社ロッテの運営する情報サイト『噛むこと研究室』にて当研究室から発表した論文(Sato et al. Tohoku J Exp Med. 2019)の解説記事が掲載されました [ web ]

2021年4月16日

日本繊維製品消費科学学会「第61回快適性・健康を考えるシンポジウム」にて「生物時計の基本性質と心身の健康との関わり」というタイトルで基調講演を行いました [ web ]

2021年4月5日

研究室に新しいメンバーが加わりました。

D1 久保田 直子, M1 松下 佑太

2021年3月26日

北海道大学の学外広報誌リテラポプリに当研究室の研究紹介記事が掲載されました。
学外向け広報誌「リテラポプリ」第66号 (2021年春) [ web ]

2021年3月5日

札幌市立上野幌中学校において公益財団法人神経研究所睡眠健康推進機構 R2年度学校訪問型睡眠講座の講師を担当しました。

2021年2月17日

山仲が世話人をしている札幌睡眠フォーラムのR2年度オンライン学術講演会が

2月2日、9日、16日の3週連続で開催されました。3月31日まで学術講演の動画をオンデマンド配信しております。一般の方、専門家の方いずれにも興味深い内容となっておりますのでご興味のある方はぜひ以下のURLにアクセスしていただければと思います。

札幌睡眠フォーラム https://aschoff-honma.wixsite.com/sapporosleepforum

2020年1月29日

キューピー株式会社が運営するキューピーニュースに寄稿した総説がオンラインで閲覧できるようになりました (2021年4月までの公開です)。

山仲勇二郎.   生物時計から見た健康的な食習慣. キューピーニュース. 561, 2021.1.28

2020年12月17日

あつべつ健康習慣プロジェクトのオンライン健康講座において講師を担当しました。

睡眠講座「ぐっすり眠って健康に~食事・運動と睡眠の深い三角関係~」[ web ]

2020年12月8日

Nutrition Reviewに総説論文が掲載されました [ abstract ]

Yamanaka Y. Basic concepts and unique features of human circadian rhythms: implications for human health. Nutrition Reviews, Volume 78, 3, 91–96, 2020.

2020年11月21日

第24回睡眠健康指導士上級講座において「睡眠と体内時計」というタイトルで講義を担当しました。

2020年10月13日

R2年度夕張市民健康講座にて「知って得する「睡眠」のチカラ!~「睡眠」のメカニズムを知って、こころもカラダも元気はつらつ~」というタイトルで講演しました。

2020年10月3日

ヤマハ発動機スポーツ振興財団2020年度スポーツ研究助成の中間報告会(オンライン)に参加しました

2020年9月30日

公益財団法人北海道女性協会主催の令和2年度第2期えるのす連続講座~女性大学において「質の良い眠りとは~睡眠のウソ・ホント」というタイトルで講演しました。 

2020年9月26日

第27回日本時間生物学会(オンライン)に参加し、シンポジウム講演を行いました

S2-5 山仲勇二郎、橋本聡子、本間あや、本間さと、本間研一

  非光同調因子がヒトの概日リズム・睡眠覚醒リズムに与える影響

S2-3 元池育子、山仲勇二郎松浦倫子、辛島彰洋、二口裕、Siwalee Choilek、中尾光之

  女子学生の月経周期におけるQOLの変動と睡眠・生体リズムとの関連

2020年9月20日

北海道大学教育学部オープンキャンパスにおいてオンライン模擬講義を行いました

 

2020年6月17日

UHBみんテレ内で当研究室が取材協力した「正しい睡眠で免疫力アップ」に関する内容が放送されました。[リリース]

2020年5月23日

STVどさんこワイド179どさんこニュース内で当研究室が取材協力した「生活リズムの乱れが心の健康に与える影響」に関する内容が放送されました。


2020年5月11日

NHK札幌放送局 北海道のニュース内で当研究室が取材協力した「外出自粛中の生活リズムと体内時計」に関する内容が放送されました。[リリース]

2020年4月25日

北海道新聞の<聞きたい 新型コロナウイルス>に当研究室より情報公開した「COVID-19感染拡大に伴う外出自粛により健康を崩さないためのポイント」に関する内容が掲載されました。[北海道新聞どうしん電子版]

2020年4月16日

当研究室が取材協力した番組「NHK BSP 美と若さの新常識~カラダのヒミツ~」が放送されました。山仲が体内時計の仕組みや当研究室から発表した朝方の咀嚼運動による糖代謝能の改善効果に関する研究論文の再現実験について解説しました。

[ NHKBSプレミアム番組ダイジェストHP ]

2020年4月14日

COVID-19感染拡大に伴う外出自粛により健康を崩さないためのポイントについて情報を公開しました [全文PDF]

2020年4月10日

当研究室が取材協力した番組「NHK BSP 美と若さの新常識~カラダのヒミツ~」が4月16日(木)に放送される予定です。山仲が体内時計の仕組みと糖代謝能の概日リズムについて解説します。

【放送局】NHK BSプレミアム
【放送日】2020年4月16日(木) 20:00~21:00
【番組名】美と若さの新常識〜カラダのヒミツ〜
【内 容】ダイエットの前に!体内時計お直し術

【番組サイト】 NHKBSプレミアム 美と若さの新常識

[過去の活動履歴]

NEW 本研究室の研究内容に興味をお持ちの企業等の皆さま

北海道大学は2018年5月に『学術コンサルティング制度』新設しました。本制度は企業等からの委託を受けて、本学の研究者等が教育、研究及び技術上の専門的知識に基づき、本務として指導または助言を行い、委託者の業務又は活動を支援するものです。共同研究や受託研究の枠組みでは実施が困難であった「学術的な技術指導や助言」を行える仕組みを取り入れることによって、これまで以上に産業界の幅広いニーズに応えることが可能となります

本研究室の研究内容については北海道大学研究シーズ集に掲載されております [ 北海道大学研究シーズ集 ]  

CEHS.png
COI-stream.png
生体リズムの研究.jpg
The circadian system of man.JPG

生活健康学研究室輪読会のご案内

生活健康学研究室では生理学・時間生物学に関する専門書・論文等を教員が解説しながら読む抄読会を行っています。

参加を希望する方は研究室まで連絡してください

毎週水曜 18:00~19:30 Zoomオンライン開催

doyakuken34_yamnaka.png

生物時計に関する一般向け小冊子のご紹介

「道薬検健康セミナー2017 (2017年9月9日)」 において山仲が講演した内容をまとめた小冊子をダウンロードできます (画像をクリック)